講座・講演会

平成30年度 風土記を読む(第3期)

 今から1300年前の奈良時代、朝廷は諸国に国情報告書の提出を命じました。

それが「風土記」と呼ばれることに。60カ国ほどの中から僅か5カ国の風土記がひとまとまりの形で現在まで残った神話伝承の古代を知るきわめて貴重な古典です。まずは関東唯一の常陸国風土記を堪能してください。行方郡から間もなく鹿嶋郡(鹿嶋市・神栖市)を読み進めていきます。鹿嶋大神のために神郡が設けられ、神栖市には童子女の松原があり、語らい合う若い男女が共に松に化してしまう物語と成る。次いで転じて那賀郡へ。ここは有名なダイダラボーの里がある。北は久慈郡。長幡部神社・静神社の創始と展開。常陸の最北多珂郡は陸奥路の入口、そこを風土記はどう表現するか?その筆力を読み取りたい。

 

講 師:中村 啓信氏(國學院大學名誉教授)

開催日:5/9・6/13・7/11・9/19・10/10・11/14・12/12

H31/1/16・H31/2/13・H31/3/13(毎回月曜日)

時 間:13:30~15:00

会 場:院友会館 3階大会議室

受講料:16,200円(税込)、メンバーズカード提示者・前回受講者 14,580円(税込)

 

受講申し込みフォームはこちら

 

 

國學院大學


一般財団法人 國學院大學院友会

〒150-0011東京都渋谷区東4-12-8

Tel :03-3400-7781(代表)

Fax:03-3400-7996

ページTOP

Copyright Kokugakuin University Alumni Association